2007年04月16日

宮若市の概要

宮若市(みやわかし)は、福岡県筑豊地方に位置する市。2006年2月11日に鞍手郡宮田町と同郡若宮町が合併し誕生した。

福岡県宗像地方南部・直鞍地区西部に位置し、筑豊に属し、宗像市の南、北九州市と福岡市の中間に位置し、北九州都市圏と福岡都市圏に両属する。福岡市から北東へ約35km、北九州市(小倉都心部)から南西へ約35kmの距離である。歴史的に古代から、現在の宗像市にあたる地域ととてもつながりが強い都市である。

なお北九州・福岡両都市圏の通勤通学圏内であり旧宮田町地域は北九州都市圏の10%都市圏域にあり、旧若宮町地域は福岡都市圏5%圏域である。市内にはトヨタ自動車九州の工場が立地しており、それに関連する企業も立地している。そのため、2005年度(平成17年度)の財政力指数は0.64と筑豊地方の自治体では最も高い。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 15:39| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

嘉麻市の概要

嘉麻市(かまし)は、福岡県筑豊地方南部の市。2006年3月27日、山田市と嘉穂郡の稲築町・碓井町・嘉穂町が合併して誕生。

市名は一般公募に基づくもので、この地域の旧郡名(1896年に嘉麻郡と穂波郡が合併して嘉穂郡となる)に因む。

一旦は、飯塚市、山田市、嘉穂郡の2市8町での合併協議会が設立されたが、桂川町が合併協議会を離脱したためこの合併は成立せず、上述の通り、山田市と嘉穂郡3町での合併が協議・成立した。

福岡県のほぼ中央部、飯塚市の南、朝倉市の北側に位置する。内陸気候のため寒暖の変動が激しい地域で、雪が降ると積雪することもある。かつて筑豊有数の炭鉱都市として栄えたが、現在はすべて閉山しており人口減少や急激な過疎化が進んでいる。市域南部は標高1000m以上の筑紫山地が連なる。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 08:54| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

直方市の概要

直方市(のおがたし)は、福岡県の北部に位置する市である。

筑豊を構成する自治体の一つで、北九州都市圏と飯塚都市圏に属し、直鞍地区の中心都市である。

福岡県の北部、筑豊地域の北端部、北九州市中心部から南西約30km、福岡市から北東約50kmの場所に位置する。市中央部は遠賀川に沿って開ける筑豊平野のほぼ中央にあたり、平野地形となっている。市東部は福智山、鷹取山などがある山間部である。市西部・南部もやや起伏がある。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 16:58| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

豊前市の概要

豊前市(ぶぜんし)は、福岡県東部にある市である。

福岡県の東部、京築地域の南部に位置し、行橋市と中津市のほぼ中間に位置する。市域南部には求菩提山や犬ヶ岳などの山々が属する筑紫山地が連なる。また、北部は周防灘(瀬戸内海)に面しているため、漁業が盛んである。なお、天気の良い日には対岸の山口県が見えることがある。

先で述べたとおり、市域南部は求菩提山などの山地が多く自然が豊かで、この周辺では湧き水が湧いている所も多い。特に市域南西部の畑地区にある「畑冷泉(はたのれいせん)」は、福岡県内でも有名な名水の一つで、市外からも多くの人が訪れる。この他にも市内には名水が多い。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 14:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

中間市の概要

中間市(なかまし)は、福岡県の北部に位置し、東と南は北九州市八幡西区に、西は鞍手郡鞍手町及び遠賀郡遠賀町に、北は遠賀郡水巻町にそれぞれ接している。筑豊炭田の一角を担う町として日本の近代産業発展を支えていたが、エネルギー革命により大きな打撃を受け、一時人口が大きく落ち込んだ。その後炭鉱の町から北九州都市圏の住宅都市として再生し、現在に至っている。

市域のほぼ中央部を南北に貫流する1級河川遠賀川によって、川西(かわにし)と川東(かわひがし)の2つの地区に分けられている。東部地域には住宅地や商業施設が広がり、全人口の約90%がこの東部地域に集中している。一方、西部地域には農耕地や公園などの緑地が広がっており、一部では工業団地も立地している。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 18:40| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

行橋市の概要

行橋市(ゆくはしし)は、福岡県の東部に位置する市である。

行橋駅前を中心に市街地を形成しており、この東側には住宅や行橋駅前通りの沿道には商店等が集中している。近年は、北九州市のベッドタウン化が進み、駅の西側には大型ショッピングセンターやマンション等が多く建設されており、人口は増加傾向にある。市域南西部では住宅は少なく、ほとんど水田地帯であり、この地域では農業が盛んである。現在、東九州自動車道(行橋IC)や、福岡東部中核工業団地等が建設中であり、2006年3月16日に北九州空港(北九州市・苅田町)が開港したことから、今後一層の発展が期待される。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 10:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

朝倉郡筑前町

筑前町(ちくぜんまち)は、福岡県にある町の一つである。朝倉郡に属する。

2005年3月22日に旧三輪町と旧夜須町が合併して発足した。

福岡県の中南部、福岡市の南東約25km、久留米市の北東約20kmの場所に位置する。町域西部〜西南部〜南部にかけては筑後平野の北端部にあたり比較的平坦な地形であり、この平地に主要集落が発達している。一方、東部〜北東部〜北部にかけては山地となっている。

経済的には、福岡都市圏に属する。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 10:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

前原市の概要

前原市(まえばるし)は、福岡県西部にある市。福岡市に隣接しており、福岡都市圏に属す。古くは伊都国(いとのくに・いとこく) [=後述] として、後に福岡藩と唐津藩(現在の佐賀県にある)との唐津街道の宿場町として栄えた。近年は福岡市のベッドタウンとして人口が増加中である。

平成4年10月1日、福岡県で23番目の市として市制を施行。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 18:03| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

朝倉市の概要

朝倉市(あさくらし)は、福岡県中南部の市。2006年3月20日、甘木市と朝倉郡の朝倉町・杷木町が合併して誕生した。
福岡県の中央部、福岡市の南東約40km、久留米市の北東約20kmの場所に位置する。市内を北西から南東へと貫く最重要幹線道路である国道386号線から南側は盆地となっているが、同道路から北側、すなわち市域北部から北東部〜東部にかけて古処山をはじめとする600〜900m級の山々が連なる。この山地の中に福岡市など周辺地区への水資源供給の役割を担う寺内ダム・江川ダムがある。また市域の南側には、境界にほぼ沿う形で筑後川が流れている。

市域西端部に中心商店街や中心鉄道駅が立地する。市中心部から北東約8kmの位置に旧城下町の秋月地区がある。秋月地区は「筑前の小京都」と呼ばれ、観光地となっている。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 20:07| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

筑紫郡那珂川町の概要

福岡市の西南部に隣接していて、福岡都市圏の一部を構成する。福岡市に近い町北部の平地部ではベッドタウンとして都市化が進行しているが、他の地域は山地となっており、福岡市の水がめである南畑ダムや、自然保養施設「グリーンピアなかがわ」などがある。(現在グリーンピアは休園中)人口の約8割近くが市街地に集中しているため、那珂川町の中心地区は福岡市からの延長線上で境目ははっきりわからない所が多い。また、福岡市の外縁地区(鶴田・老司・弥永)などより商業が発達しているため福岡市から町内のスーパーなどへ来る人も多い。この一極集中型の市街地のためDID地区人口密度は6000人に近い。

町ではあるが、4万8千人もの人口があり、県内の複数の市よりも人口が多い。全国の町、村の中で人口9位。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』

posted by ぐっち at 22:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

福津市の概要

福津市は、2005年1月24日に福間町と津屋崎町が合併統合し誕生した市である。
福岡県の北西部に位置し福岡市と北九州市という2つの政令指定都市のほぼ中間に位置する。福岡都市圏の北西部・北九州都市圏(関門都市圏)の最西端に位置する。 経済・文化的に福岡市、北九州市や隣接する宗像市・古賀市との繋がりが強い。

東部から南部にかけては許斐山・本木山・飯盛山などに、北西部は玄界灘(日本海)に囲まれている。海岸は玄海国定公園にも指定されており、風光明媚な土地である。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 21:24| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗像市の概要

響灘・玄界灘を望む都市で、北筑前(宗像)地区の中心的存在であり、政治・経済の中心で近年赤間地域の都市部を中心に飛躍的な発展を遂げている。よく、都会と田舎の中間と称され、人口も増加傾向にある。

福岡市、北九州市の中間に位置することから福岡都市圏・北九州都市圏(関門都市圏)に属し、両都市圏の10%圏域に属している。当初は北九州市を中心とする北九州都市圏のベッドタウンとして発展してきたが、近年は福岡市を中心とする福岡都市圏の発展に伴い、福岡都市圏への流れが優勢である。

観光資源が豊富で、かつて東郷平八郎や足利尊氏も参拝した交通安全の神様で勝利の神様的役割も果たす宗像大社もある。歴史的に日韓友好に尽力を尽くしていて、また、近年は日新(日本・ニュージーランド)友好にも力を入れている。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』

posted by ぐっち at 18:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

古賀市の概要

福岡市から北東約15km、宗像市から南西約15kmの場所に位置する。福岡都市圏の10%通勤圏に属し、福岡市のベッドタウンとして順調に人口を伸ばしてきたが、現在その伸びが鈍化しつつある。市制施行前は糟屋郡に属しており、現在でも広域行政などの点で糟屋郡とも関係が深い。 西は玄界灘に面し、松原が広がる砂丘地帯である。北部と南部には丘陵地があり、それぞれ福津市、新宮町に接している。東部には三郡山地から延びる犬鳴山地がある。町中心部には、その山地から大根川(花鶴)が流れる。大根川と隣に流れる中川の堆積・扇状地で小平地を形成している。 中心は、天神地区(福岡市の天神とは別)であるが、近年その空洞化が懸念されている。総合文化施設「サンフレアこが」があり、図書館や歴史資料館などの施設が整っている。玄海国定公園の一角を担う花鶴ヶ浜(新宮海岸)や宮若市との町境にある西山など自然にも恵まれている。 参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 21:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰府市の概要

九州地区の統治組織「大宰府」が置かれた事により栄えた。太宰府天満宮等の史跡が多く有り、観光都市でもある。
福岡県の中部、福岡市から南東約16kmの場所に位置している。市域北部に四王寺山、市域東部に宝満山、市域西南部に天拝山(筑紫野市)が有り、市の中央部を御笠川が横断して流れている。市域中央部は中心市街地が発達しており、大宰府にまつわる数多くの史跡・名所が存在する。西部・南部は福岡都市圏のベッドタウンとして住宅開発が進んでいる。
又太宰府市には大学、短期大学、高等学校等の学校が数多く存在している事から、県内でも北九州市折尾地区と並び、学生の街として有名である。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』



posted by ぐっち at 15:02| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

筑紫野市の概要

筑紫野市(ちくしのし)は、福岡県の市。福岡市のベッドタウンである。面積87.78㎢、人口密度1,123人/㎢、世帯数35,377世帯、人口98,590人(2007年)。

古くから栄えた、福岡都市圏の住宅都市。福岡市のベッドタウンで、高速道路が縦断し、福岡市に限らず久留米市へのアクセスも良い。JRや西鉄電車を利用するにも便利がよく、人口増加率は県内屈指。福岡市の奥座敷と言われる二日市温泉がある。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』

posted by ぐっち at 20:28| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

大野城市の概要

大野城市(おおのじょうし)は、福岡市の南東部に位置し、福岡都市圏に属す。人口は約95,000人の福岡都市圏のベッドタウン都市。

市域中央部を鹿児島本線・西鉄天神大牟田線が並行して貫く。
北部は幹線道路が通っており、事業所の立地が多い。南部は山がちな地形だが、新興住宅地が展開している。
南部の牛頸山(うしくびやま)にある牛頸ダムからは牛頸川の流れが発し、下大利団地などの脇を流れる御笠川と合流するまで市域を湾曲して流れている。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 07:58| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

春日市の概要

春日市(かすがし)は、福岡県中央部に位置し、福岡都市圏に属す。人口は福岡市・北九州市・久留米市・飯塚市・大牟田市に次ぎ県内6位であり、10万人を超えている市。

福岡市の南東に隣接しており、福岡都市圏の一角を成している。市域から福岡市の中心市街地までは10km程度の距離であり、福岡市の発展に伴いベッドタウンとして都市化が進み、人口密度は福岡県で最も高い市である。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 18:47| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

田川市の概要

田川市(たがわし)は、福岡県にある人口約52,000人の市。北九州都市圏に属しており、筑豊に属する市町村の一つでもある。田川地区の中心都市で、筑豊第3の都市である。昔は炭鉱都市であった。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

飯塚市の概要

飯塚市(いいづかし)は福岡県中部に位置する市である。筑豊を構成する自治体であり、筑豊三都の一つ。筑豊で最大の人口を擁し、筑豊の政治・経済の中心機能を持つ都市である。

飯塚都市圏の中心都市でもあり、筑豊地方、嘉飯山地区の中心都市でもある。

2006年3月26日に頴田町・庄内町・穂波町・筑穂町と対等合併し、新市制による飯塚市となった。これにより、福岡県の中では、福岡市、北九州市、久留米市に次いで4番目の人口規模の市となった。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

大牟田市の概要

大牟田市(おおむたし)は、福岡県の最南端にある市である。

福岡県の自治体の中では5番目に人口が多い。また、久留米市と熊本市の中間に位置し、熊本県荒尾市・南関町・長洲町を含む経済圏(大牟田都市圏)を独自に形成している。特に荒尾市とは県境をまたいで一体化した市街地を形成している。 かつては隣接する荒尾市とともに三井三池炭鉱により発展してきたが、同炭坑は1997年に閉山。閉山後は環境リサイクル産業などの新興産業の誘致に力を入れている。

位置関係上、荒尾市とは県境を越えて共同でゴミ処理を行っているなど、その関係が密接であるをはじめ、熊本県のテレビ・ラジオなどの受信が可能であったり、熊本市内の新聞社の取材範囲に大牟田市が含まれていたり、熊本県北部地域との繋がりもある。

現在、市の財政はかなり圧迫しており大手企業の誘致、観光都市化を期待する。

参考資料『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ぐっち at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。